ネパールインターン生の奮闘記

さまざなキッカケから、なぜかネパールに1年間インターン生として活動している「なお」「あかりん」「あまのっち」。わたしたちの葛藤と日々の挑戦。

Eberestbiu

大学教授から酷評された話

 

ナマステ~。From天野っち。

 

いま、4回生の僕は
卒論を執筆中です。

 

卒論のテーマ概要はフィリピンにおけるNGOの活動について。

 

昨日、このテーマで
教授のところに相談しに行った。

 

結果、
めっちゃ酷評。

 

卒論の内容も、僕の国際協力に対する考え方についても
酷評された。

 

酷評された内容が自分でも納得できて
めっちゃ悔しい。

 

国際協力に参加する人が増えてきて、
批評されている事実は知っていて
気をつけていたつもりだった。

 

でもまだ一方通行の国際協力しか見えてなかった。
これじゃあ、ネパールいっても意味ないやん。

 

となってる。

 

f:id:Everestbiu:20180606191951j:plain

(頭かかえる図の巻 一番左のカエルなう🐸)

 

ネパールの活動にも言及され
急に疑心暗鬼。

 

「さぁ、なにしよ。」

「自分がやってることって誰のためになってるの。」

「いや、そもそも人のために何かできるほど、自分自身は完成してるの?」

 

モヤモヤっとしたものが
濁りを醸してる。

 

あーあ、何すべきなんだろうなぁ。