ネパールインターン生の奮闘記

さまざなキッカケから、なぜかネパールに1年間インターン生として活動している「なお」「あかりん」「あまのっち」。わたしたちの葛藤と日々の挑戦。

Eberestbiu

好きなものは好き

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180903134106j:plain

福本朱理(あかりん):

東京農業大学 21歳
e-Educationネパールフィールドワークでネパールに初めて渡航
1年間e-Education国内インターンとして活動
現在はIncentive Group of Company農業担当としてインターン

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記

f:id:Everestbiu:20181213010307j:plain

本文

ナマステ!あかりんです。

 

ネパールにいて、何かあったら、うまく行かなくてもどかしかったり、
一日の終わり方がスッキリしなかったり。

また朝が来ちゃったか。起きたくないな。

と思うくらい落ち込むこともあって。

 

そごくベタだけれどそんなときに私はよく歌に励まされています。

そういうときに染み込んでくるのは

槇原敬之さんや中島みゆきさんのような

歌詞が直球で入ってくる歌です。

 

最近よく聞くのが、槇原敬之さんの歌「どんなときも」

中学の音楽の授業で発声練習のときに使われて知った曲。

 

僕の背中は自分が思うほど正直かい?

誰かに聞かなきゃ不安になってしまうよ。

 

どんなときもどんなときも僕が僕らしくあるために。

「好きなものは好き!」

と言える気持ち抱きしめてたい。

 

もしも他の誰かを知らずに傷つけても

絶対譲れない夢が僕にはあるよ

 

中学生の時にも「良い歌詞!」と無邪気に思った記憶はありますが、
今はじっくりと噛みしめるように聞いてしまいます。

 

「好きなものは好き」と言える気持ちは大人になるほど
自分が勝手に難しくしているような気がします。

 

たくさんの人と関わり
たくさんの価値観に触れ
たくさんの思いやその裏にある思いまで知るようになると

自分の知っている世界が全てだと信じていた頃のようには口を開けなくなる。

反骨精神のようなものも丸くなってきてしまいました。

 

でもその中でも

わからなくなったときに

何回でも何回でも

自分という軸に戻って

自分のことを考えて

自分について考えて

「好きなものは好き」と言えたときに

本当に夢が見つかるのかなと思います。

 

大人が見ている夢ってすごくかっこいいなと思うんです。

 

少年少女のように無垢に語る夢もいいけれど

静かに燃えている人の夢って本当にかっこいいなと思うんです。

 

ネパールに来て9ヶ月少しそんな夢が見えてきた気がして。

ちょっと嬉しい夜でした。

光のお祭り ティハールを体感してきた!

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180903134106j:plain

福本朱理(あかりん):

東京農業大学 21歳
e-Educationネパールフィールドワークでネパールに初めて渡航
1年間e-Education国内インターンとして活動
現在はIncentive Group of Company農業担当としてインターン

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記

f:id:Everestbiu:20181108183405p:plain

本文

ナマステあかりんです! 現在ネパールにはお祭りのシーズンが到来しています。

 

約1ヶ月前にはネパール最大のお祭りダサインがありました。

このお祭りについては天野っちがこちらの記事で紹介してくれています。

everestbiu.hatenablog.com

 

今はティハールと言うお祭りが開催されています。

ティハールは「光のお祭り」とも言われ、

この時期にはまちなかに電飾が飾られ日本のクリスマスのような雰囲気になります。

 

10月8日現在はティハール4日目。

ティハールは5日間開催されますが、

すべての日でやることやお祈りをすることが違います。

 だいたいまとめるとこんな感じ。

1日目:カグ・ティハール(カラスにお祈りをする日)
2日目:ククル・ティハール(犬にお祈りをする日)
3日目:ラクシュミ・プジャ(ラクシュミ女神を家に招く日)
4日目:ゴバルダン・プジャ(牛にお祈りをする日、ネワール族のお正月)
5日目:バイ・ティカ(兄弟・姉妹の日

 

それぞれの日の過ごし方やお祈りの意味については

超人気ネパール系情報サイト「ネパールハマール」でなおちゃんが紹介していますのでこちらを見てください。

nepal-lovers.com

 

さて、

昨日ティハール3日目は会社もやっていないということでゆっくりしていると、

 

ホストファミリーに呼ばれ、お家の飾り付けが始まりました。

f:id:Everestbiu:20181108173303j:plain

ラクシュミ女神をお迎えするために家をマリーゴールドで飾り付けて

玄関には目印となる曼荼羅を描きます。

f:id:Everestbiu:20181108173331j:plain

 

ちなみに、ネパールのお祭りや冠婚葬祭ではマリーゴールドが多用されるので、マリーゴールドビジネスが確立されているそうです。

お庭でマリーゴールドをたくさん育てているお家も多いですね。

 

 

ホストファミリーの子供が民族衣装に身を包んでダンスの練習をしていました。

 

ラクシュミティハールでは女性が近所を回り、踊りや歌を披露するとそのお家からお金をもらいます。

私も一緒に練習してたんですが、途中で

「踊りの善し悪しによってもらえるお金が変わるんだ!」

と聞いて、カメラマンに徹することに即決しました。

 

夕方になるといざ出発!

f:id:Everestbiu:20181108173309j:plain

 

マリーゴールドが飾ってあるお家を回ってちょっと恥ずかしそうに歌を歌う姿がめっちゃかわいい。

f:id:Everestbiu:20181108173313j:plain

 

f:id:Everestbiu:20181108173317j:plain

果物やセルロティをくれるお家もあり、ハロウィンにも少しにているなと思いました。

 

艶やかはネパールのリアルを体感したので簡単なレポートでした。

 

ネパールにせっかく来るならティハールの時期を選ぶと面白いかも知れません。

 

 

ああ。早くコーヒーファームに行かなくては。

 

 

 

ベトナムに行ってきました。

f:id:Everestbiu:20181108094658p:plain

 

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180829110738j:plain

舛田菜緒(なお):広島大学法学部4年生 23歳         
1年間ネパールでインターンをしていた。
帰国後もネパールに関わる活動を続けている。

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記

 

ナマステ!
シンチャオ!(ベトナム語でこんにちは。)
なおです。

 

実はこの1週間、ベトナムに行っていました。

「日本で働く外国人介護人材」について調べるため。

私の研究のテーマです。

 

なぜこのテーマ?

このテーマを選んだのにはさまざまな理由がありますが、
ネパール人留学生サポートやネパールでの日本語教育活動を通して、興味を持ったのが一番大きいです。

実際、どうなんだろうと。

 

自分がやっていることが意味があるのか、どうすればもっとよくなるのかも同時に考えたいと思いました。

 

社会的にも注目のトピックです。

 最近の国会での議論も話題になっていますよね。

 

なぜベトナムに行ったのか?

日本に住むネパール人も増加していますが、ベトナム人も近年急激に増加しているからです。

5年前 (2012年) の約5.5倍
数にして291,494人ベトナム人が日本にいます。

留学生の数も80,683人と中国、韓国に続いて3番目の多さです。
(平成30年6月末現在における在留外国人数について(速報値),法務省

 

介護の専門学校でも多くがベトナム人の学生だという話もよく聞きます。

 

ネパール人の学生とはよく交流する機会があるけれど、ベトナム人の学生さんに会ったり、お話をしたりする機会があまりなかったので今回行ってみることにしました。

 

 

ベトナムでみたこと、感じたこと

 

今回お話を伺った法人さん、日本語学校さんは、介護分野でのベトナム人の受け入れを
先駆的かつトップレベルでやっていらっしゃるところでした。

 

 

その法人さんの考え方はいたってシンプル。

「人材を育てること」「その人の人生を応援すること」


「人手を海外から買ってくること」

ではないんです。

 

人と人。

 

これは、相手が日本人であろうと外国人であろうと変わらないことであり、

絶対にわすれてはならないことだなと思いました。

 

日本語学校の学生たち

 

外国人労働者というととても大きな問題のように感じるし、
悪いニュースばかりが注目されがちです。

 

実際に外国人の権利が守られていないというケースもあるようですが、

問題が起こるのは、「人手が足りないから後進国の外国人を雇う」という考え方があるからのような気がします。

 

日本に来てくれる外国人を「人材」として育てようとしている会社は少ないのかなと思いました。

 

日本以外にも外国人に来てほしいという国は多いです。

 

介護の分野では特に。

 

日本よりももっと良い条件で働ける環境はたくさんあります。

 

今、来てくれている外国人はどうして日本を選んだのだろう?

日本がこれからも選ばれる国になるためには?

  

まだまだ調査は続きます...。

 

実家のトイレをネパールにしてみた!

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180903134106j:plain

福本朱理(あかりん):

東京農業大学 21歳
e-Educationネパールフィールドワークでネパールに初めて渡航
1年間e-Education国内インターンとして活動
現在はIncentive Group of Company農業担当としてインターン

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記

f:id:Everestbiu:20181023203530p:plain

本文

ナマステ!あかりんです!

みなさん自分の家にネパールがほしいと思ったことはありませんか?



日本でネパールを存分に味わえるスペースがほしい~~~~!!!

 

 

そう思った私はネパール部屋を作ろうと決心しました。

 

しかし!思い立ったは良いものの・・・
一人暮らししていた部屋は引き払ってしまい、
実家の一部屋をどこか拝借するには大きすぎる。。。

 

どうしようかと悩みに悩んだ結果、

実家の中で一番小さい部屋を発見!

f:id:Everestbiu:20181102015956j:plain

 

トイレをネパールにしてみることにしました!

 

  

なんの変哲もない静岡県東部の家にあるトイレ。

f:id:Everestbiu:20181023201309j:plain

 

でもドアを空けたとたんネパールが広がる!!

f:id:Everestbiu:20181102205410j:plain

・・・みたいなイメージ!

 

早速帰国前にタメルでそれらしいものを買いあさりました。

 

 

両親が寝静まった深夜
トイレに椅子を運び込み

天井に画鋲をグサグサ。

壁にテープをベタベタ。

 

所要時間たったの30分。

 

その結果がこちら!

 

じゃーーーーーん!!!

f:id:Everestbiu:20181023201314j:plain

 

 

・・・・・う~~~~~~~ん。。。。。。

 

 

とっても中途半端。

 

そしてトイレの全容を撮影するのはとても難しいということを知りました。

 

 

 f:id:Everestbiu:20181023201319j:plain

 

天井は一応タメルをイメージしてタルチョというカラフルな旗をつけ、

ミティラアートの小さなカレンダーと鏡をつけたんですが・・・

 

 

・・・・ちっちゃい笑 

 

 

やっぱリネパールっぽさを演出するにはストゥーパくらい作らないとダメですかね。
半年後帰国する際にリベンジしたいと思います!

【日本いいとこ再発見!】その2 日本の四季

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180903134106j:plain

福本朱理(あかりん):

東京農業大学 21歳
e-Educationネパールフィールドワークでネパールに初めて渡航
1年間e-Education国内インターンとして活動
現在はIncentive Group of Company農業担当としてインターン

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記 

f:id:Everestbiu:20181023103229p:plain

本文

ナマステ!あかりんです!

前回の

everestbiu.hatenablog.com

に引き続き日本のいいとこ再発見していきます。

2つ目は「日本の四季」です。

 

1年を通してこんなにも違う表情をした景色を見られる国はそんなにないのではないでしょうか。

そしてそのどれもが美しくて、
季節の変わり目や気温の変化を教えてくれます。

 

私が日本に一時帰国した時は
ちょうと緑の葉っぱが色づき始めていました。

実家では外に出ると金木犀の甘い匂いがして

あぁ〜もうすぐ秋が始まるんだ〜。

と和んでいました。

 

f:id:Everestbiu:20181023200952j:plain

 

ネパールにいても
カレンダーを見ながら生活はしているので、
今が何月なのかは分かっているのですが、
日本にいる家族や友人と電話しているときに

セミの鳴き声を聞いて

「もう夏本番かぁ〜」

と五感に季節を感じるんです。

 

1年を通じで季節の色や音や匂いが見せるコントラストや、

それを感じることのできる日本の暮らしが

こんなに美しいものだったんだなぁと

少し日本を離れて実感しています。

 

無意識のうちにカラダが季節の音や匂いを覚えているんですね。

 

 

ネパールは基本的に雨季と乾季の2つの季節です。

 

でも1年を通して気候の変化はあり、特に食べ物によってその季節を感じることができます。 

 加工食品やお菓子など一年を通して手に入るものはありますが、

野菜や果物は季節ものです。

 

マンゴーが出始めて「夏本番!」と感じ、

ザクロが出始めて
そろそろ涼しくなってくるかなくるな〜と厚手の上着を探し始める。

今はみかんがとっても美味しいですね。

日本のデコポンとみかんの中間のような甘さ。

 

 

今はネパールにいる分ネパールの季節を存分に楽しみたいと思います! 

 

 

ブログをサボってた言い訳聞いてください。

この記事を書いた人

f:id:Everestbiu:20180903134106j:plain

福本朱理(あかりん):

東京農業大学 21歳
e-Educationネパールフィールドワークでネパールに初めて渡航
1年間e-Education国内インターンとして活動
現在はIncentive Group of Company農業担当としてインターン

わたしたちの紹介 - ネパールインターン生の奮闘記

 

 f:id:Everestbiu:20181031145101p:plain

本文

ナマステ!あかりんです。

ここのところブログをサボっていました。

その理由をちょっと書き留めておこうと思います。

 

「サボっていた」と言うよりは「躊躇していた」のほうが正しいかも知れません。

「下書きはして7割くらいはできているけれど投稿していない記事」
がたくさんあります。

 

 と、言うのも

2週間前、兄の結婚式に参列するため、
約半年ぶりに日本に帰りました。

 

久しぶりに大学の友人に会って

近況報告しあったり、

就活の話を聞いたり、

親戚に会ってネパールの話をしたり。

 

その中で

「今自分の目の前で話している人は何を考えているんだろう。」

「なんでこんなことで悩んでいるんだろう。」

と思うことが何度もありました。

 

気を使って話すような相手でも

言葉を選びながら話す相手でもないのに。

 

今までと同じように他愛もない話をしながらも、

そんな自分を俯瞰してみて

「あれ。相手に違和感ないように言葉を選んでいるな」

と思っていました。

 

この違和感はなんだろう。。。と考えてみると、半年前までさかのぼります。
ネパールに来る前の私は

「今の自分を変えたい!」思っていました。

なんのためにネパールに行くのか

なにをするのかはわからなかったけれど

 ただ、変わりたい。

「自分を好きになりたい!」

という思いはずっとありました。

  

そんな思いを実現するため、

他人からの評価が大きは判断軸だった私が

自分自身の軸で動くことを意識し、

それだけ自分に向き合って、

フィードバックをもらってはそれを噛み砕いて

自分自身で落とし込むことに注力して、

考えて悩んで一つ一つ乗り越えたら

信じられないくらい楽しい毎日になっていて。

 

この半年間の変化はたしかに
私の人生を楽しくしてくれたポジティブな変化だと思っていました。

 

でも、日本に帰ってネパールに来る前の価値観に囲まれたとき

「あ、私の価値観が大きく変わったんだ。」

と嬉しく感じると同時に

「怖い」

と思いました。

 

「今の自分の価値観や自分軸で話したら

今まで仲の良かった人たちには受け入れられないのかも知れない。」

 

「理想論ばかり並べてすごく偉そうなやつに映るんじゃないか」

と思ったときに

 

「自分の想いを発信することが怖い」

 

人に認められたい臆病虫がひょっこり顔を出してしまいました。

 

そんな感情の中、

いつか再開すればいっか〜と思いながら

ブログを書いていない間、

他の人のブログ色々と読んでいたんですが

 

やっぱり

一人ひとりの考えていることや見ている世界の違いって良いなあ〜

と思ったんです。

  

違うって楽しいことじゃん!

おんなじだったらつまんない!

日本との違いの塊のようなネパールで日本語が使えるのに発信しなくてどうする!

と。

 

なのでブログ再開します!

 

あともう一つブログ再開した理由は

 

日本に帰って

「ネパールに行ったことのある日本人ってあんまりいないんだな。」

とアタリマエのことに気づいたからです。

(ネパールにいるとネパール好きの日本人コミュニティーとよく繋がるので、「日本国民の3割位ネパール行ってるでしょ!」みたいな感覚になるんです。)

 

だからネパールの魅力も発信したいなと思いました。

 

ということで今まで溜まっている記事仕上げて
どんどん公開していこうと思います! 

 

まとまらない文章ですが気が向いたときに読んでくれたら嬉しいです!

f:id:Everestbiu:20181031143044j:plain 

それにしても素敵な結婚式だったな〜。

 

 

 

 

大祭ダサインを初体験!! 幸せってなぁんだっけぇーっていう歌を思い出す

 

ダサイン フェスティバル

 

それはネパールで一番大きく、大切なお祭り。
日本のお正月のよう。
家族、親戚が集まって、なにをするわけでもなく
一緒に時間を過ごす。

 

多くの人が首都のカトマンズに住んでいるので、
この期間はカトマンズからたくさんの人が故郷に帰省する。

 

ぼくもネパール人の友だちのふるさとに
6日間、お邪魔させてもらいました。

 

今日はネパールでのはじめての大きなお祭りを
村で過ごしたという話しです。

 

f:id:Everestbiu:20181023185149j:plain

(左が友だちのバッタさん)

 

お邪魔したのは、バッタさんのお家。
普段はカトマンズ日本語学校NPOを経営しています。
日本渡航経験があり、近い将来、日本の大学院に通う予定だとか。
日本語はおそらくN1レベルで
ぼくが会ったネパール人の中で、一番、日本語が上手。

 

f:id:Everestbiu:20181023185435j:plain

f:id:Everestbiu:20181023185440j:plain

 

バッタさんのふるさとは
カトマンズからバスで5時間、ポカラの近く。

 

大きな建物はなにもない、家がポツンポツンとあるだけの
とーーーーーっても静かな田舎。

 

f:id:Everestbiu:20181023185705j:plain

 

ダサインのメインイベントであるティカと呼ばれる
おでこに赤い印(お米)をもらいます。

 

年上からもらって、その人が
「かしこくなりますように」
「偉大な人になりますように」
と祈ってもらいます。

年配者の声が神様に届きやすいのだそう。

f:id:Everestbiu:20181023193144j:plain

 

村ではちょーーーっとだけ村のお手伝いをしたりして
過ごしました。

 

f:id:Everestbiu:20181023193305j:plain

 

そしていつもいつも
とっっっっても美味しいごはんを頂きました。

 

ヤギ肉や山菜、果物。
ぜんぶ、美味しかった。

 

f:id:Everestbiu:20181023193404j:plain

 

最後はお世話になった、みんなで
記念撮影しておわかれ。

 

また来てねと。

 

感じたこと

さてさて、この貴重な体験で
感じたことはとっても大きかったです。

 

村では仕事がありません。
ぼくがいった家のお母さんもお父さんも仕事はしていません。

 

でもかかるお金がすくないのも事実。
買い物のお金と交通費、たまに買う服のお金くらいで
月に1万5千円あれば良いそう。

 

いうなれば自給自足。
仕事のしてないニートとともとれるかもしれない。
貧困ともとれる。

 

他人からどういう風に思われようが、
一番重要で大切なのは

 

「自分が幸せを感じているか」

 

6日間の滞在で
一度、お母さんが涙した瞬間がありました。

それはティカをするとき。
お母さんは悲しくて泣いていた。

長女の息子がオーストラリアに出稼ぎに行っていて、
今年のダサインにいなかったから。

 

「あ、この人の幸福の軸は家族なんだ」

「一人でもいないと涙するほど悲しいと思うんだ」

 

と軽くショック(衝撃)を受けた。

きっとあのお母さんは
月1万5千円かかるところ、5千円しかお金がなかったとしても
涙はしない。

 

服が汚れて破けて、新しいものを買えなくても、
惨めだとは思わない。

 

どういう状況が
「必要最低限の文化的生活」なのか
それは人によって異なる。
大きく、異なる。

 

他人から干渉されるようなことではない。

 

じゃあ、ぼくはなにに幸せを感じるのだろう。

きれいなお嫁さんと子供で、
静かな田舎で自給自足の生活だろうか

と考えると、
ぼくは違うんだ。

ぼくはなにか刺激を求める。
資本主義の中で戦って、
世の中の理不尽と戦って、
誰が見ても不公平な立場にある人の味方でありたい。

 

田舎でゆっくりと親戚・家族一同だけで
いきていくのは、なにか違うんだ。

 

しかし、同様に
東京のメガ・ビック会社でエリート街道を歩むのも
興奮しない。

 

じゃあぼくは何に幸せを感じるのだろうか。

 

自分自信のことは
わかるようで、全く分からない未知の世界。

自分を理解できるように
なりたい。